380 Plays of the World Translated into Japanese in 1930

『世界戯曲全集』内容一覧(詳細版)

May 23, 2016

 

It is a spectacular achievement in the literary history of Japan that about 380 plays of the world, ancient and modern, were translated into Japanese and were published from 1927 to 1931 in 40 volumes of a series of translated plays beginning with the Greek classical plays and ending with the Indian and Chinese ancient plays.

Theatrical information in the list of plays is indicated in the following way:

「鯨」(Ile 1917) ユージン・オニール (Eugene ONeill 1888-1953) 北村喜八 (1898-1970)

Japanese title(Ile 1917) Playwright’s Name in Japanese (Eugene O’Neill 1888-1953) Japanese Translator

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

『世界戯曲全集』は、1927年から31年にかけて、世界戯曲全集刊行部のもと近代社より出版された。

 

 《表記上の注意事項》

・作品の後の年号は、戯曲の出版された年を記載した。ただし、出版されていない場合には、初演の年とした。

・原題が英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語の場合には、原語で示した。それ以外は、日本語の題名のみとした。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

『世界戯曲全集1  -希臘篇 / 希臘古典劇集』1927

「波斯人」(ペルシャ人 472 BC) アイスキュロス (Aeschylus c.525-456 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「アガメムノーン」(Agamemnon 458 BC) アイスキュロス (Aeschylus c.525-456 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「コエーポロイ」 アイスキュロス (Aeschylus c.525-456 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「エウメニデス」(Eumenides 458 BC) アイスキュロス (Aeschylus c.525-456 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「縛られたプロメーテウス」(Prometheus Bound, unknown) アイスキュロス (Aeschylus c.525-456 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「アンチゴネー」(Antigone c.442 BC) ソポクレース (Sophocles c.495-406 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「オイヂプース王」(Oedipus the King c.429 BC) ソポクレース (Sophocles c.495-406 BC) c.495-406 BC 村松正俊 (1895-1981)

「コローノスのオイヂブース」(Oedipus at Colonus 401 BC) ソポクレース (Sophocles c.495-406 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「エーレクトラ」(Electra, unknown) ソポクレース (Sophocles c.495-406 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「アルケーチス」(Alcestis 438 BC) エウリピデース (Euripides c.480-406 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「ヒッポリュトス」(Hippolytus 428 BC) エウリピデース (Euripides c.480-406 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「メーデイヤ」(Medea 431 BC) エウリピデース (Euripides c.480-406 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「アウリスのイフィゲネイア」(Iphigenia at Aulis 410 BC) エウリピデース (Euripides c.480-406 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「タウロイのイフィゲネイア」(Iphigenia in Tauris 414-412 BC) エウリピデース (Euripides c.480-406 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「バクカイ」(The Baccae 405 BC) エウリピデース (Euripides c.480-406 BC) 村松正俊 (1895-1981)

 

『世界戯曲全集2  -希臘・羅馬篇 / 希臘羅馬古典劇集』1930

「雲」(423 BC) アリストファネス (Aristophanes c.446-c.386 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「鳥」(414 BC) アリストファネス (Aristophanes c.446-c.386 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「蛙」(405 BC) アリストファネス (Aristophanes c.446-c.386 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「ユーヌクス」(Eunuchus 161 BC) プビリウス・テレンティウス・アフェル (Publius Terentius Afer c.195/185-c.159 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「アデルフォイ」(Adelphoe 160 BC) プビリウス・テレンティウス・アフェル (Publius Terentius Afer c.195/185-c.159 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「フォルミオー」(Phormio 161 BC) プビリウス・テレンティウス・アフェル (Publius Terentius Afer c.195/185-c.159 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「アガメムノン」(Agamemnon c.55) ルキウス・アンナエウス・セネカ (Lucius Annaeus Seneca c.4 BC- AD 65) 村松正俊 (1895-1981)

「ヒッポリュツス」(Hippolytus) ルキウス・アンナエウス・セネカ (Lucius Annaeus Seneca c.4 BC- AD 65) 村松正俊 (1895-1981)

「チュエステス」(Thyestes c.62) ルキウス・アンナエウス・セネカ (Lucius Annaeus Seneca c.4 BC- AD 65) 村松正俊 (1895-1981)

「アンフィトリュオ」(Amphitryon) ティトゥス・マッキウス・プラウトゥス (Titus Maccius Plautus c.254-184 BC) 村松正俊 (1895-1981)

「大法螺吹きの武士」 ティトゥス・マッキウス・プラウトゥス (Titus Maccius Plautus c.254-184 BC) 村松正俊 (1895-1981)

 

『世界戯曲全集3  -英吉利篇1 / シエイクスピア集』1929

「オセロオ」(Othello) ウィリアム・シェイクスピア (William Shakespeare 1564-1616) 小山内薫 (1881-1920)

「真夏の夜の夢」(A Midsummer Night’s Dream) ウィリアム・シェイクスピア (William Shakespeare 1564-1616) 佐藤篤二訳

「アントニとクレオパトラ」(Antony and Cleopatra) ウィリアム・シェイクスピア (William Shakespeare 1564-1616) 和泉武訳

「ハムレツト」(Hamlet) ウィリアム・シェイクスピア (William Shakespeare 1564-1616) 佐藤篤二訳

「マクベス」(Macbeth) ウィリアム・シェイクスピア (William Shakespeare 1564-1616) 和泉武訳

「ヴニスの商人」(The Merchant of Venice) ウィリアム・シェイクスピア (William Shakespeare 1564-1616) 小山内薫 (1881-1920)

「ロミオとジユリエツト」(Romeo and Juliet) ウィリアム・シェイクスピア (William Shakespeare 1564-1616) 北村喜八 (1898-1970)

 

『世界戯曲全集4  -英吉利篇2 - 英吉利古典劇集』1930

「絶望」(The Broken Heart 1633) ジョン・フォオド (John Ford 1586-c1639) 竹友藻風 (1891-1954)

「尺とり虫」(She Stoops to Conquer 1773) オリヴァー・ゴウルドスミス (Oliver Goldsmith 1728-1774) 福原麟太郎 (1894-1981)

「悪評学校」(The School for Scandal 1777) リチャード・シェリダン (Richard Brinsley Sheridan 1751-1816) 福原麟太郎 (1894-1981)

「世間道」(The Way of the World 1700) ウィリアム・コングリィヴ (William Congreve 1670-1729) 福原麟太郎 (1894-1981)

「フオオスタス博士悲史」(Doctor Faustus c.1589 or c.1593) クリストファー・マーロウ (Christopher Marlowe 1564-1593) 岸弘訳

「十人十色」(Every Man in His Humour 1598) ベン・ジョンスン (Ben Jonson 1572-1637) 北村喜八 (1898-1970)

 

『世界戯曲全集5  -英吉利篇3 / 英吉利古典近代劇集』1930

「ウインダミア夫人の扇」(Lady Windermere’s Fan 1892) オスカー・ワイルド (Oscar Wilde 1854-1900) 舟橋雄 (1874-1954)

「うそつき連中」(The Liars 1897) ヂョウンズ (Henry Arthur Jones 1851-1929) 井上思外雄 (1901-1945)

「タンカレーの後ぞひ」(The Second Mrs Tanqueray 1893) ピネロ (Sir Arthur Wing Pinero 1855-1934) 井上思外雄 (1901-1945)

「パオロとフランチェスカ」(Paolo and Francesca 1900) フィリップス (Stephen Phillips 1864-1915) 武井亮吉 (1892-?)

「マンフレッド」(Manfred 1817) バイロン (George Gordon Byron 1788-1824) 寺西武夫(1898-1965)

「サロメ」(Salome 1893) オスカー・ワイルド (Oscar Wilde 1854-1900) 八住利雄 (1903-1991)

「旅路の終り」(Journey’s End 1928) シェリフ (Robert Cedric Sheriff 1896-1975)  北村喜八 (1898-1970)

 

『世界戯曲全集6  -英国篇 / ショオ集』1929

「聖ジヨウン」(Saint Joan 1923) バーナード・ショー (George Bernard Shaw 1856-1950) 北村喜八 (1898-1970)

「ピグメリオン」(Pygmalion 1912) バーナード・ショー (George Bernard Shaw 1856-1950) 中川竜一 (1902-1990)

「バアバラ少佐」(Major Barbara 1905) バーナード・ショー (George Bernard Shaw 1856-1950) 中川竜一 (1902-1990)

「悪魔の弟子」(The Devil’s Disciple 1896) バーナード・ショー (George Bernard Shaw 1856-1950) 中川竜一 (1902-1990)

「ウオリン夫人の職業」(Mrs. Warren’s Profession 1893) バーナード・ショー (George Bernard Shaw 1856-1950) 北村喜八 (1898-1970)

「ブランコ・ボスネツトの暴露」(The Shewing-Up of Blanco Posnet 1909) バーナード・ショー (George Bernard Shaw 1856-1950) 北村喜八 (1898-1970)

「キヤンデイダ」(Candida 1895) バーナード・ショー (George Bernard Shaw 1856-1950) 北村喜八 (1898-1970)

 

『世界戯曲全集7  -英吉利篇5 / 英吉利近代劇集』1928

「屋敷小路」(Quality Street 1901) ジェイムズ・M・バリ (James M. Barrie 1860-1937) 沢村寅二郎 (1885-1945)

「メアリー・ロウズ」(Mary Rose 1920) ジェイムズ・M・バリ (James M. Barrie 1860-1937) 井上思外雄 (1901-1945) 

「忠義」(The Faithful 1915) ジョン・メイスフイイルド (John Masefield 1878-1967) 小山内薫 (1881-1920)

「ナンの悲劇」(The Tragedy of Nan 1909) ジョン・メイスフイイルド (John Masefield 1878-1967) 沢村寅二郎 (1885-1945)

「銀の函」(The Silver Box 1906) ジョン・ゴオルズワアジ (John Galsworthy 1867-1933) 北村喜八 (1898-1970)

「争闘」(Strife 1909) ジョン・ゴオルズワアジ (John Galsworthy 1867-1933) 舟橋雄 (1874-1954)

「公正」(Justice 1910) ジョン・ゴオルズワアジ (John Galsworthy 1867-1933) 舟橋雄 (1874-1954)

「色々の忠節」(Loyalties 1922) ジョン・ゴオルズワアジ (John Galsworthy 1867-1933) 日高只一 (1879-1955)

「脱走」(Escape 1926) ジョン・ゴオルズワアジ (John Galsworthy 1867-1933) 北村喜八 (1898-1970)

 

『世界戯曲全集8  -英吉利篇6 / 英吉利近代現代劇集』1929

「次の時代」(The Younger Generation 1912) スタンレイ・ハウトン (Stanley Houghton 1881-1913) 井上思外雄 (1901-1945)

「大冒険」(The Great Adventure 1913) アーノルド・ベネツト (Arnold Bennett 1867-1931) 舟橋雄 (1874-1954)

「エブラハム・リンカーン」(Abraham Lincoln 1918) ドリンクウオータ (John Drinkwater 1882-1937) 横山有策 (1882-1929)

「離婚法案」(A Bill of Divorcement 1921) クレメンス・デイン (Clemence Dane 1888-1965) 繁野天来 (1874-1933)

「ジェイン・クレグ」(Jane Clegg 1914) アーヴィン (St. John Ervine 1883-1971) 藤井秋夫訳

「放蕩息子の帰宅」(The Return of the Prodigal 1905) ハンキン (St. John Emile Clavering Hankin 1869-1909) 井上思外雄 (1901-1945)

「ピムさん御通過」(Mr. Pim Passes By 1919) ミルン (Alan Alexander Milne 1882-1956) 北村喜八 (1898-1970)

 

『世界戯曲全集9  -愛蘭篇 / 愛蘭劇集』1928 小山内薫ほか訳

「カスリイン・ニ・フウリハン」(Cathleen ni Houlihan 1902) W・B・イエイツ (William Butler Yeats 1865-1939) 小山内薫 (1881-1920)

「砂時計」(The Hour Glass 1904) W・B・イエイツ (William Butler Yeats 1865-1939) 小山内薫 (1881-1920)

「鷹の井」(At the Hawk’s Well 1916) W・B・イエイツ (William Butler Yeats 1865-1939) 平田禿木 (1873-1943)

「デアドラ」(Deirdre 1907) W・B・イエイツ (William Butler Yeats 1865-1939) 竹友藻風 (1891-1954)

「月の出」(The Rising of the Moon 1907) イザベラ・オーガスタ・グレゴリ (Lady Isabella Augusta Gregory 1852-1932) 小山内薫 (1881-1920)

「貧民院」(The Poorhouse 1907) ハイド、イザベラ・オーガスタ・グレゴリ (Lady Isabella Augusta Gregory 1852-1932) 小山内薫 (1881-1920)

「金の林檎」(Golden Apple, unknown) イザベラ・オーガスタ・グレゴリ (Lady Isabella Augusta Gregory 1852-1932) 小山内薫 (1881-1920)

「マクドナウの妻」(McDonough’s Wife 1913 イザベラ・オーガスタ・グレゴリ (Lady Isabella Augusta Gregory 1852-1932) 北村喜八 (1898-1970)

「海に行く騎者」(Riders to the Sea 1904) ジョン・M・シング (John Millington Synge 1871-1909) 松村みね子 (1878-1957)

「谷の影」(The Shadow of the Glen 1903) ジョン・M・シング (John Millington Synge 1871-1909) 松村みね子 (1878-1957)

「西の人気男」(The Playboy of the Western World 1907) ジョン・M・シング (John Millington Synge 1871-1909) 松村みね子 (1878-1957)

「収穫」(Harvest 1911) レノックス・ロビンスン (Lennox Robinson 1885-1958) 三浦道夫訳

「山の神々」(The Gods of Mountain 1914) ロード・ダンセイニ (Lord Dunsany 1878-1957) 松村みね子 (1878-1957)

「光の門」(The Glittering Gate 1914) ロード・ダンセイニ (Lord Dunsany 1878-1957) 松村みね子 (1878-1957)

「もしも」(If 1921) ロード・ダンセイニ (Lord Dunsany 1878-1957) 舟橋雄 (1874-1954)

「長男の権利」(Birthright 1910) マアレイ (Thomas Cornelius Murray 1873-1959) 小山内薫 (1881-1920)

「土地」(The Land 1905) コラム (Padraic Colum 1881-1972) 中川竜一 (1902-1990)

「ヂューノウと孔雀」(Juno and the Paycock 1924) シーン・オウケイシ (Sean O’casey 1880-1964) 勝田孝興・三浦道夫共訳

 

『世界戯曲全集10  -亜米利加篇 / 亜米利加現代劇集』1928

「鯨」(Ile 1917) ユージン・オニール (Eugene O’Neill 1888-1953) 北村喜八 (1898-1970)

「地平線の彼方」(Beyond the Horizon 1918) ユージン・オニール (Eugene O’Neill 1888-1953) 北村喜八 (1898-1970)

「皇帝ジヨウンズ」(The Emperor Jones 1920) ユージン・オニール (Eugene O’Neill 1888-1953) 北村喜八 (1898-1970)

「アンナ・クリステイ」(Anna Christie 1920) ユージン・オニール (Eugene O’Neill 1888-1953) 北村喜八 (1898-1970)

「毛猿」(The Hairy Ape 1922) ユージン・オニール (Eugene O’Neill 1888-1953) 北村喜八 (1898-1970)

「偉大な神ブラウン」(The Great God Brown 1926) ユージン・オニール (Eugene O’Neill 1888-1953) 北村喜八 (1898-1970)

「自然の女」(The Naturewoman 1912) アプトン・シンクレア (Upton Sinclair 1878-1968) 北村喜八 (1898-1970)

「二階の男」(The Second-Story Man 1912) アプトン・シンクレア (Upton Sinclair 1878-1968) 北村喜八 (1898-1970)

「地獄」(Hell 1924) アプトン・シンクレア (Upton Sinclair 1878-1968) 北村喜八 (1898-1970)

「何でもない事」(Trifles 1916) グラスペル (Susan Glaspell 1876-1948) 北村喜八 (1898-1970)

「郭公」 ジャネット・マアクス 北村喜八 (1898-1970)

 

『世界戯曲全集11  -独墺篇1 / ゲーテ集』1927

「フアウスト」 (Faust 1806, 1831) ヨーハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ (Johann Wolfgang von Goethe 1749-1832) 森鴎外 (1862-1922)

「トルクワト・タッソー」(Torquato Tasso 1790) ヨーハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ (Johann Wolfgang von Goethe 1749-1832) 関口存男 (1894-1958)

「ゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲン」(Götz von Berlichingen mit der eisernen Hand 1773) ヨーハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ (Johann Wolfgang von Goethe 1749-1832) 関口存男 (1894-1958)

「エグモント」(Egmont 1788-89) ヨーハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ (Johann Wolfgang von Goethe 1749-1832) 関口存男 (1894-1958)

 

『世界戯曲全集12  - 独墺篇2 /  独逸古典劇集』1929

「莫迦の療法」 ハンス・ザックス (Hans Sachs 1494-1576) 久保栄 (1900-1958)

「おそろしい煙」 ハンス・ザックス (Hans Sachs 1494-1576) 久保栄 (1900-1958)

「ミンナ・フォン・バルンヘルム」(Minna von Barnhelm 1767) ゴットホルト・レッシング (Gotthold Ephraim Lessing 1729-1781) 関口存男 (1894-1958)

「エミリア・ガロッティ」(Emilia Galotti 1772) ゴットホルト・レッシング (Gotthold Ephraim Lessing 1729-1781) 関口存男 (1894-1958)

「盗賊」(Die Räuber 1781) フリードリヒ・シラー (Friedrich Schiller 1759-1805) 関口存男 (1894-1958)

「ヴァルレンシユタイン」(Wallenstein 1799) フリードリヒ・シラー (Friedrich Schiller 1759-1805) 関口存男 (1894-1958)

「ヴィルヘルム・テル」(Wilhelm Tell 1804) フリードリヒ・シラー (Friedrich Schiller 1759-1805) 関口存男 (1894-1958)

作者小伝及び解題 (久保栄、関口存男)

 

『世界戯曲全集13  -独墺篇3 / 独逸古典劇集』1929

「代々山番」(Der Erbförster 1850) オットー・ルードヴヒ (Otto Ludwig 1813-1865) 中島清訳

「公子フリードリヒ・フォン・ホンブルク」(Pinz Friedrich von Homburg 1809-11) ハインリヒ・フォン・クライスト (Heinrich von Kleist 1777-1811) 中島清訳

「ウォツェック」(Woyzeck 1837) ゲオルク・ビュヒナア (Georg Karl Büchner 1813-1837) 黒田礼二 (1890-1943)

「ダントンの死」(Dantons Tod) ゲオルク・ビュヒナア (Georg Karl Büchner 1813-1837) 黒田礼二 (1890-1943)

「ユーディット」(Judith 1840) クリスチャン・フリードリッヒ・ヘッベル (Christian Friedrich Hebbel 1813-1863) 吹田順助 (1883-1963)

「マリア・マグダレーネ」(Maria Magdalena 1843) クリスチャン・フリードリッヒ・ヘッベル (Christian Friedrich Hebbel) 吹田順助 (1883-1963)

「ギイゲスと彼の指輪」(Gyges und sein Ring 1856) クリスチャン・フリードリッヒ・ヘッベル (Christian Friedrich Hebbel) 吹田順助 (1883-1963)

 

『世界戯曲全集14  -独墺篇4 / ハウプトマン集』1929

「ハンネレの昇天」(Hanneles Himmelfahrt 1894) ゲアハルト・ハウプトマン (Gerhart Hauptmann 1862-1946) 小山内薫 (1881-1920)

「沈鐘」(Die Versunkene Glocke 1897) ゲアハルト・ハウプトマン (Gerhart Hauptmann 1862-1946) 楠山正雄 (1884-1950)

「ピツパが踊る」(Und Pippa Tantz! 1906) ゲアハルト・ハウプトマン (Gerhart Hauptmann 1862-1946) 小山内薫 (1881-1920)

「日の出前」(Vor SonnenaUfgang 1889) ゲアハルト・ハウプトマン (Gerhart Hauptmann 1862-1946) 久保栄 (1900-1958)

「鼠」(Die Ratten 1911) ゲアハルト・ハウプトマン (Gerhart Hauptmann 1862-1946) 池谷信三郎 (1900-1933)

「織工」(Die Weber 1882) ゲアハルト・ハウプトマン (Gerhart Hauptmann 1862-1946) 久保栄 (1900-1958)

「獺の外套」(Der Biberpelz 1893) ゲアハルト・ハウプトマン (Gerhart Hauptmann 1862-1946) 久保栄 (1900-1958)・和田顕太郎共訳

 

『世界戯曲全集15  -独墺篇5 / 独逸近代劇集』1929

「青春」(Jugend 1893) マックス・ハルベ (Max Halbe 1865-1944) 伊藤武雄 (1895-1971)

「枝線鉄道」(Die Lokalbahn) ルードヴィヒ・トオマ (Ludwig Thoma 1867-1921) 伊藤武雄 (1895-1971)

「魂の入れ替」(Vertauschte Seelen 1910) ヴィルヘルム・フォン・シヨオルツ (Wilhelm Von Scholz 1874-1969) 小山内薫 (1881-1920)

「思ひ出」(?Alt-Heidelberg 1903) ヴィルヘルム・マイアー=フエルスタア (Wilhelm Meyer-Föster 1862-1934) 松居松翁 (1870-1933)

「のつぽのユウレ」(Die Lange Jule 1913) ゲアハルト・ハウプトマン (Gerhart Hauptmann 1862-1946) 桜田常久 (1897-1980)

「故郷」(Heimat 1893) ヘルマン・ズウデルマン (Hermann Sudermann 1857-1928) 三好比呂作訳

「ベリンデ」(Belinde 1924) ヘルベルト・オイレンベルク (Herbert Eulenberg 1876-1949) 桜田常久 (1897-1980)

 

『世界戯曲全集16  -独墺篇6 / ウエデキント・シユテルンハイム集』1930

「ホオゼ」(Die Hose 1911) カール・シユテルンハイム (Carl Sternheim 1878-1942) 久保栄 (1900-1958)

「ブルジヨア・シツペル」(Bürger Schippel 1913) カール・シユテルンハイム (Carl Sternheim 1878-1942) 久保栄 (1900-1958)

「春のめざめ」(Frührungs Erwachen 1891) フランク・ヴエデキント (Frank Wedekind 1864-1918) 菅藤高徳 (1896-1981)

「地霊」(Erdgesit 1895) フランク・ヴエデキント (Frank Wedekind 1864-1918) 楠山正雄 (1884-1950)

「パンドーラの箱」(Büchse der Pandora 1904) フランク・ヴエデキント (Frank Wedekind 1864-1918) 田村初太郎訳

「佝僂の巨人カアル・ヘツトマン」 フランク・ヴエデキント (Frank Wedekind 1864-1918) 久保栄 (1900-1958)

「死と悪魔」 フランク・ヴエデキント (Frank Wedekind 1864-1918) 久保栄 (1900-1958)

「フランチスカ」(Franziska 1911) フランク・ヴエデキント (Frank Wedekind 1864-1918) 桜田常久 (1897-1980)

 

『世界戯曲全集17  -独墺篇7 / カイゼル・ウンルウ集』1930

「ルイ・フエルデイナント」(Louis Ferdinand Prinz von Preußen 1913) ウンルウ (Fritz von Unruh 1885-1970) 伊藤武雄 (1895-1971)

「一時代」(Ein Geschlecht 1917) ウンルウ (Fritz von Unruh 1885-1970) 伊藤武雄 (1895-1971)

「ユダヤの寡婦」(Die Jüdische Witwe 1920) ゲオルグ・カイゼル (Georg Kaiser 1878-1945) 久保栄 (1900-1958)

「朝から夜中まで」(Von Morgens bis Mittennachts 1912) ゲオルグ・カイゼル (Georg Kaiser 1878-1945) 北村喜八 (1898-1970)

「二人のオリイフエル」(Zweimar Oliver 1926) ゲオルグ・カイゼル (Georg Kaiser 1878-1945) 久保栄 (1900-1958)

「ガツツ」(Gas 1918) ゲオルグ・カイゼル (Georg Kaiser 1878-1945) 北村喜八 (1898-1970)

「カレエ市民」(Die Bürger von Calais 1912-13) ゲオルグ・カイゼル (Georg Kaiser 1878-1945) 久保栄 (1900-1958)

「クラウデイウス」(Claudius 1918) ゲオルグ・カイゼル (Georg Kaiser 1878-1945) 北村喜八 (1898-1970)

「平行」 ゲオルグ・カイゼル (Georg Kaiser 1878-1945) 北村喜八 (1898-1970)

 

『世界戯曲全集18  -独墺篇8 / 独逸現代劇集』1927

「牧場の花嫁」(Die Heidebraut 1914) シユトランム (August Stramm 1874-1915) 小山内薫 (1881-1920)

「若き人」(Der Junge Mensch 1916) ハンス・ヨオスト (Hanns Johst 1890-1978) 伊藤武雄 (1895-1971)

「死の舞踏一九二一年」(Der Totentanz 1921) ワイスマンテル (Leo Weismantel 1888-1964) 北村喜八 (1898-1970)・桜田常久 (1897-1980) 共訳

「アンティゴーネ」(Antigone 1917) ハアゼンクレエフエル (Walter Hasenclever 1890-1940) 舟木重信 (1893-1975)

「人間」(Die Menschen 1918) ハアゼンクレエフエル (Walter Hasenclever 1890-1940) 小山内薫 (1881-1920)

「決定」(Die Entscheidung 1919) ハアゼンクレエフエル (Walter Hasenclever 1890-1940) 小山内薫 (1881-1920)

「群衆=人間」(Masse Mensch 1920) エルンスト・トルレル (Ernst Toller 1893-1939) 伊藤武雄 (1895-1971)

「機械破壊者」(Die Meschinenstürmer 1922) エルンスト・トルレル (Ernst Toller 1893-1939) 藤井清士訳

「ヒンケマン」(Hinkemann 1923) エルンスト・トルレル (Ernst Toller 1893-1939) 北村喜八 (1898-1970)

「解放されたヲオタン」(Die Entfesselte Wotan 1923) エルンスト・トルレル (Ernst Toller 1893-1939) 久保栄 (1900-1958)

「海戦」(Seeschlacht 1917) ラインハルト・ゲエリング (Reinhard Goering 1887-1936) 伊藤武雄 (1895-1971)

「第一の男」(Die Erste 1918) ラインハルト・ゲエリング (Reinhard Goering 1887-1936) 伊藤武雄 (1895-1971)

 

『世界戯曲全集19  -独墺篇9 / 独逸現代劇集』1930

「カールとアンナ」(Karl und Anna 1929) レェオンハルト・フランク (Leonhard Frank 1882-1961) 番匠谷英一 (1895-1966)

「青年の病気」(Krankheit der Jugend 1928) ブルツクナー (Ferdinand Bruckner 1891-1958) 番匠谷英一 (1895-1966)

「リド附近の決闘」(Duell am Lido 1926) レエフイツシ (Hans Rehfisch 1891-1960) 桜田常久 (1897-1980)

「夜鳴る太鼓」(Trommeln inder Nacht 1919) ベルトルト・ブレヒト (Bertold Brecht 1898-1956) 北村喜八 (1898-1970)

「海嘯」(Sturmflut 1926) アルフォンス・パクエ (Alfons Paquet 1881-1944) 久保栄 (1900-1958)

「メツザレム」(Methusalem oder Der Ewige Bürger 1922) イワン・ゴル (Yvan Goll 1891-1950) 久保栄 (1900-1958)

「一万二千」(Zwölftausend 1927) ブルノオ・フランク (Bruno Frank 1887-1945) 北村喜八 (1898-1970)

 

『世界戯曲全集20  -独墺篇10 / 墺太利古典近代劇集』1928

「オットーカール王の幸福と最後」(König Ottokars Glück und Ende 1823) フランツ・グリルパルツエル (Franz Grillparzer 1791-1871) 中島清訳

「悲劇サッフォー」(Sappho 1818) フランツ・グリルパルツエル (Franz Grillparzer 1791-1871) 中島清訳

「キルヒフェルトの牧師」(Der Pfarrer von Kirchfeld 1870) アンツエングルウベル (Ludwig Anzengruber 1839-1889) 金田鬼一 (1886-1963)

「奥底」(Der Krampus 1902) ヘルマン・バアル (Hermann Bahr 1863-1934) 森鴎外 (1862-1922)

「演奏会」(Das Konzert 1909) ヘルマン・バアル (Hermann Bahr 1863-1934) 舟木重信 (1893-1975)

「窓の夫人」(Frau im Fenster 1897) フーゴー・フォン・ホフマンスタアル (Hugo von Hofmansthal 1874-1929) 木下杢太郎 (1885-1945)

「エレクトラ」(Elektra 1901) フーゴー・フォン・ホーフマンスタアル (Hugo von Hofmansthal 1874-1929) 楠山正雄 (1884-1950)

「痴人と死と」(Der Tor und der Tod 1893) フーゴー・フォン・ホーフマンスタアル (Hugo von Hofmansthal 1874-1929) 森鴎外 (1862-1922)

「白衣の夫人」(Due Weisse Fürstin 1898) ライナー・マリーア・リルケ (Rainer Maria Rilke 1875-1926) 森鴎外 (1862-1922)

「家常茶飯」(Das Tägliche Leben 1901) ライナー・マリーア・リルケ (Rainer Maria Rilke 1875-1926) 森鴎外 (1862-1922)

 

『世界戯曲全集21  -独墺篇11 / 墺太利 (オーストリア) 近代現代劇集』1929

「恋愛三昧」(Liebelei 1894) アルトゥール・シュニッツレル (Arthur Schnitzler 1862-1931) 森鴎外 (1862-1922)

「寂しき道」(Der Einsame Weg 1903) アルトゥール・シュニッツレル (Arthur Schnitzler 1862-1931) 林久男 (1882-1934)

「臨終の仮面」(Die Letzten Masken 1901) アルトゥール・シュニッツレル (Arthur Schnitzler 1862-1931) 楠山正雄 (1884-1950)

「緑の鸚鵡」(Der Grüne Kabadu 1898) アルトゥール・シュニッツレル (Arthur Schnitzler 1862-1931) 北村喜八 (1898-1970)

「広い国」(Das Weite Land 1910) アルトゥール・シュニッツレル (Arthur Schnitzler 1862-1931) 久保栄 (1900-1958)

「愛」(Liebe 1916) アントン・ヴヰルトガンス (Anton Wildgans 1881-1932) 舟木重信 (1893-1975)

「天国と地獄」(Himmel und Hölle 1919) パウル・コルンフェルト (Paul Kornfeld 1889-1942) 伊藤武雄 (1895-1971)

「鏡人」(Spiegelmensch 1920) フランツ・ヴェルフェル (Franz V. Werfel 1890-1945) 桜田常久 (1897-1980)

「山羊の唄」(Bocksgesang 1921) フランツ・ヴェルフェル (Franz V. Werfel 1890-1945) 北村喜八 (1898-1970)

 

『世界戯曲全集22  -中欧篇 / 中欧現代劇集』1927

「悪魔」(1907) モルナアル・フエレンツ (Molnár Ferenc 1878-1952 Hungarian) 小山内薫 (1881-1920)

「リリオム」(1909) モルナアル・フエレンツ (Molnár Ferenc 1878-1952) 小山内薫 (1881-1920)

「赤い粉砕機」 モルナアル・フエレンツ (Molnár Ferenc 1878-1952) 北村喜八 (1898-1970)

「硝子の上靴」 モルナアル・フエレンツ (Molnár Ferenc 1878-1952) 北村喜八 (1898-1970)

「人造人間」(1920) カレル・チヤペク (Karel Čapek 1890-1938 Czeck) 宇賀伊都緒・高橋邦太郎 (1898-1984) 共訳

「虫の生活(かくて無限に)」(1921) カレル・チヤペク (Karel Čapek 1890-1938) & ヨゼフ・チャペック (Josef Čapek 1887-1945) 北村喜八 (1898-1970)

「マクロポウロス家の秘術」(1922) カレル・チヤペク (Karel Čapek 1890-1938) 北村喜八 (1898-1970)

「審く者」(1907) スタニスラス・ヰスピアンスキイ (Stanislaw Wyspianski 1869-1907 Polish) 高橋邦太郎 (1898-1984)

 

『世界戯曲全集23  -露西亜篇1 / 露西亜古典劇集』1928

「智慧の悲しみ」(1823) アレクサンドル・セルゲーヴィッチ・グリボエードフ (Alexander Sergeyevich Griboyedov 1795-1829) 八住利雄 (1903-1991)

「ボリス・ゴドゥノフ」(1831) アレクサンドル・プーシキン (Aleksandr Pushkin 1799-1837) 深見尚行訳

「検察官」(1836) ニコライ・ゴオゴリ (Nikolai Gogol 1809-1952) 熊沢復六 (1899-1971)

「結婚」(1842) ニコライ・ゴオゴリ (Nikolai Gogol 1809-1952) 熊沢復六 (1899-1971)

「雷雨」(1859) ニコライ・オストロフスキー (Nikolai Ostrovskii 1823-1886) 八住利雄 (1903-1991)

「賢者の抜け目」(1868) ニコライ・オストロフスキー (Nikolai Ostrovskii 1823-1886) 熊沢復六 (1899-1971)

「森林」 ニコライ・オストロフスキー (Nikolai Ostrovskii 1823-1886) 熊沢復六 (1899-1971)

「皇帝フョードル・ヨアノヴィチ」 アレクセイ・トルストイ (Aleksei N. Tolstoy 1883-1945) 除村吉太郎 (1897-1975)

 

『世界戯曲全集24  -露西亜篇2 / 露西亜近代劇集』1927

「犬」 アントン・チエエホフ (Anton Chekhov 1860-1904) 小山内薫 (1881-1920)

「心にもなき悲劇役者」(1899) アントン・チエエホフ (Anton Chekhov 1860-1904) 熊沢復六 (1899-1971)

「熊」(1888) アントン・チエエホフ (Anton Chekhov 1860-1904) 上脇進 (1899-1971)

「白鳥の歌」(1889) アントン・チエエホフ (Anton Chekhov 1860-1904) 熊沢復六 (1899-1971)

「記念祭」(c1890) アントン・チエエホフ (Anton Chekhov 1860-1904) 熊沢復六 (1899-1971)

「かもめ」(1895) アントン・チエエホフ (Anton Chekhov 1860-1904) 中村白葉 (1890-1974)

「伯父ワーニヤ」(1897) アントン・チエエホフ (Anton Chekhov 1860-1904) 中村白葉 (1890-1974)

「三人姉妹」(1900) アントン・チエエホフ (Anton Chekhov 1860-1904) 中村白葉 (1890-1974)

「桜の園」(1904) アントン・チエエホフ (Anton Chekho 1860-1904) 中村白葉 (1890-1974)

「食客」(英名 Fortune’s Fool 1845) イワン・ツルゲーネフ (Ivan Turgenev 1818-1883) 上脇進 (1899-1971)

「田舎をんな」(1850) イワン・ツルゲエ二エフ (Ivan Turgenev 1818-1883) 小山内薫 (1881-1920)

「村のひと月」(1855) イワン・ツルゲエ二エフ (Ivan Turgenev 1818-1883) 米山正夫 (1891-1965)

「生ける屍」(1911) レフ・トルストイ (Lev N. Tolstoy 1828-1910) 深見尚行訳

 

『世界戯曲全集25  -露西亜篇3 / 露西亜近代劇集』1927

「星の世界へ」 レオニイド・N・アンドレエエフ (Leonid N. Andreyev 1871-1919) 小山内薫 (1881-1920)

「人の一生」(1906) レオニイド・N・アンドレエエフ (Leonid N. Andreyev 1871-1919) 米川正夫 (1891-1965)

「飢餓王」(1907) レオニイド・N・アンドレエエフ (Leonid N. Andreyev 1871-1919) 熊沢復六 (1899-1971)

「我等が生活の日」(1909) レオニイド・N・アンドレエエフ (Leonid N. Andreyev 1871-1919) 昇曙夢 (1878-1958)

「思想」レオニイド・N・アンドレエエフ (Leonid N. Andreyev 1871-1919) 熊沢復六 (1899-1971)

「犬のワルツ」レオニイド・N・アンドレエエフ (Leonid N. Andreyev 1871-1919) 熊沢復六 (1899-1971)

「死の勝利」フョウドル・ソログウブ (Fyodor Kuzmich Sologub 1863-1927) 昇曙夢 (1878-1958)

「闇の力」(1886) レフ・トルストイ (Lev N. Tolstoi 1828-1910) 深見尚行訳

「最初の酒つくり」 レフ・トルストイ (Lev N. Tolstoi 1828-1910) 中村白葉 (1890-1974)

「夜の宿」(どん底、1902) マクシム・ゴオリキイ (Maxim Gorky 1868-1936) 小山内薫 (1881-1920)

 

『世界戯曲全集26  -露西亜篇4 / 露西亜近代劇集』1929

「見世物小屋」 アレクサンドル・ブロオク (Aleksandr Blok 1880-1921) 八住利雄 (1903-1991)

「運命の歌」 アレクサンドル・ブロオク (Aleksandr Blok 1880-1921) 八住利雄 (1903-1991)

「鼠取り」 イレツキー 上脇進 (1899-1971)

「ダントンの死」 ア・トルストイ (Aleksey K. Tolstoy 1817-1875) 佐々木孝丸 (1898-1986)

「飢ゑ」 ユシュケエヰチ 熊沢復六 (1899-1971)

「最も重要なこと」 エウレイノフ (Nikolai Evreinov 1879-1953) 八住利雄 (1903-1991)

「マーリヤ・イワーノヴナ」 E・N・チリコフ (Evgeni Nikolaevich Chirikov 1864-1932) 中村白葉 (1890-1974)

「町の家にて」 E・N・チリコフ (Evgeni Nikolaevich Chirikov 1864-1932) 八住利雄 (1903-1991)

「野蛮人の掟」 アルツイバアシェフ (Mikhail Artsybashev 1878-1927) 八住利雄 (1903-1991)

「心の劇場」 エウレイノフ (Nikolai Evreinov 1879-1953) 熊沢復六 (1899-1971)

 

『世界戯曲全集27  -露西亜篇5 / 労農露西亜劇集』1929

「解放されたドン・キホオテ」 ルナチャアルスキイ (Anatolii Vasil'evich Lunacharskii 1875-1933) 熊沢復六 (1899-1971)

「女王の陰謀」 ア・トルストイ (Aleksey K. Tolstoy 1817-1875) 熊沢復六 (1899-1971)

「ブブス先生」 ファイコ (Aleksei Mikhailovich Faiko 1893-1978) 八住利雄 (1903-1991)

「委任状」 ニコライ・エルドマン (Nikolai Erdman 1900-1970) 八住利雄 (1903-1991)

「空気饅頭」 ボリス・ロマショオフ (Boris Sergeevich Romashov 1895-1958) 昇曙夢 (1878-1958)

「暴風」 ビリ・ベロツエルコオフスキイ (Billʹ-Belotserkovskiĭ) 熊沢復六 (1899-1971)

「塵芥掃除組合」ヴィクトル・エフィーモヴィチ・アルドフ 八住利雄 (1903-1991)

 

『世界戯曲全集28  -北欧篇1 / イプセン集』1928

「ブランド」(Brand 1865) ヘンリック・イプセン (Henrik Ibsen 1828-1906) 中村吉蔵 (1877-1941)

「ペア・ギユント」(Peer Gynt 1845) ヘンリック・イプセン (Henrik Ibsen 1828-1906) 楠山正雄 (1884-1950)

「人形の家」(Et Dukkehjem 1879) ヘンリック・イプセン (Henrik Ibsen 1828-1906) 森鴎外 (1862-1922)

「幽霊」(Gengangere 1881) ヘンリック・イプセン (Henrik Ibsen 1828-1906) 森鴎外 (1862-1922)

「野鴨」(Vildanden 1884) ヘンリック・イプセン (Henrik Ibsen 1828-1906) 楠山正雄 (1884-1950)

「小さきアイヨルフ」(Lille Eyolf 1894) ヘンリック・イプセン (Henrik Ibsen 1828-1906) 成瀬無極(1885-1958)

「あたし達死んでる者は蘇生つてから」(Når vi døde vaagner 1899) ヘンリック・イプセン (Henrik Ibsen 1828-1906) 金田鬼一 (1886-1963)

「海の夫人」(Fruen fra Havet 1888) ヘンリック・イプセン (Henrik Ibsen 1828-1906) 楠山正雄 (1884-1950)

「ジヨン・ガブリエル・ボルクマン」(John Gabriel Borkman 1896) ヘンリック・イプセン (Henrik Ibsen 1828-1906) 楠山正雄 (1884-1950)

 

『世界戯曲全集29  -北欧篇2 / ストリンドベルヒ集』1928

「ルツテル」 オーギュスト・ストリンドベリ (August Strindberg 1849-1912) 舟木重信 (1893-1975)

「ペエアの旅」(Lycko-Pers resa 1882) オーギュスト・ストリンドベリ (August Strindberg 1849-1912) 小山内薫 (1881-1920)

「父」(Fadren 1887) オーギュスト・ストリンドベリ (August Strindberg 1849-1912) 福田久道訳

「ジユリー嬢」(Fröken Julie 1888) オーギュスト・ストリンドベリ (August Strindberg 1849-1912) 楠山正雄 (1884-1950)

「熱風」(Samum 1890) オーギュスト・ストリンドベリ (August Strindberg 1849-1912) 楠山正雄 (1884-1950)

「火いたづら」(Leka med elden 1893) オーギュスト・ストリンドベリ (August Strindberg 1849-1912) 楠山正雄 (1884-1950)

「借と貸」(Debet och kredit 1889) オーギュスト・ストリンドベリ (August Strindberg 1849-1912) 楠山正雄 (1884-1950)

「爛酔」オーギュスト・ストリンドベリ (August Strindberg 1849-1912) 舟木重信 (1893-1975)

「髑髏の舞踏」(Dödsdansen 1901) オーギュスト・ストリンドベリ (August Strindberg 1849-1912) 福田久道訳

「冠の花嫁」(Kronbruden 1902) オーギュスト・ストリンドベリ (August Strindberg 1849-1912) 小山内薫 (1881-1920)

 

『世界戯曲全集30  -北欧篇3 / 北欧近代劇集』1930

「人力以上」 ビョルンスチェルネ・ビョルンソン (Bjornstjerne Bjornson 1832-1910) 吉田白甲 (1881-1961)

「人生にひしがれて」 クヌウト・ハムスン (Knut Hamsun 1859-1952) 北村喜八 (1898-1970)

「ダマスクスへ」(1898) アウグスト・ストリンドベルク (August Strindberg 1849-1912) 金田鬼一 (1886-1963)

「秋の火」 グスタフ・ヰイド (Gustav Wied) 小山内薫 (1881-1920)

 

『世界戯曲全集31  -仏蘭西篇1 / 仏蘭西古典劇集』1927

「似而非才女」(Les Précieuses ridicules 1659) モリエール (Molière 1622-1673) 井上勇 (1901-1985)

「タルチュッフ」(Le Tartuffe ou l’Imposteur 1664) モリエール (Molière 1622-1673) 井上勇 (1901-1985)

「ドン・ジュアン」(Dom Juan ou le Festin de pierre 1665) モリエール (Molière 1622-1673) 井上勇 (1901-1985)

「人間嫌ひ」(Le Misanthrope ou l’Atrabilaire amoureux 1666) モリエール (Molière 1622-1673) 井上勇 (1901-1985)

「守銭奴」(L’Avare 1668) モリエール (Molière 1622-1673) 井上勇 (1901-1985)

「女学者」(Le Femmes Savantes 1672) モリエール (Molière 1622-1673) 井上勇 (1901-1985)

「ル・シッド」(Le Cid 1637) ピエール・コルネイユ (Pierre Corneille 1606-1684) 時田清訳

「シンナ」(Cinna 1643) ピエール・コルネイユ (Pierre Corneille 1606-1684) 時田清訳

「ブリタニキュス」(Britannicus 1669) ジャン・ラシーヌ (Jean Racine 1639-1699) 時田清訳

「フェドル」(Phèdre 1677) ジャン・ラシーヌ (Jean Racine 1639-1699) 時田清訳

「ザイール」(Zaïre 1732) ヴォルテール (Voltaire 1694-1778) 岡野かをる訳 (1893-1941)

 

『世界戯曲全集32  -仏蘭西篇2 / 仏蘭西古典劇集』1929

「セヴィルの理髪師」(Le Barbier de Séville 1773) ピエール=オギュスタン・カロン・ド・ボオマルシェ (Pierre Augustin Caron de Beaumarchais 1732-1799) 井上勇 (1901-1985)

「フィガロの結婚」(Le Mariage de Figaro 1778) ピエール=オギュスタン・カロン・ド・ボオマルシェ (Pierre Augustin Caron de Beaumarchais 1732-1799) 井上勇 (1901-1985)

「ヱルナニ」(Hernani, ou l’Honneur Castillan 1830) ヴィクトル・ユゴー (Victor Hugo 1802-1885) 岡野かをる訳 (1893-1941)

「戯れに恋はすまじ」(On ne badine pas avec l’amour 1834) アルフレッド・ド・ミュッセ (Alfred de Musset 1810-1857) 岡野かをる訳 (1893-1941)

「アンドレ・デル・サルトオ」(André del Sarto 1833) アルフレッド・ド・ミュッセ (Alfred de Musset 1810-1857) 前川堅市 (1902-1963)

「行人」 フランソワ・コペ (Francois Coppée 1842-1908) 小松清訳

「ラ・トスカ」(La Tosca 1887) サルダウ (Victorien Sardou 1831-1908) 時田清訳

「ルイ・ブラス」(Ruy Blas 1838) ヴィクトル・ユゴー (Victor Hugo 1802-1885) 岡野かをる訳 (1893-1941)

 

『世界戯曲全集33  -仏蘭西篇3 / 仏蘭西近代劇集』1929

「アルルの女」(L’Arlésienne 1872) アルフォンス・ドオデエ (Alphonse Daudet 1840-1897) 石川三四郎訳

「群鴉」(Les Corbeaux 1882) ベック (Henry Becque 1837-1899) 小田切照訳

「信仰」 ウジェーヌ・ブリウ (Eugène Briex 1858-1932) 小山内薫 (1881-1920)

「伝染病」(L’Épidémie 1898) オクターヴ・ミルボオ (Octave Mirbeau 1848-1917) 望月百合子 (1900-2001)

「獅子の饗宴」(Le Repas du lion 1898) キュレル (François, Vicomte de Curel 1854-1928) 藤本民雄訳

「明日といふ日のあるものかは」 エルヴュー (Paul Hervieu 1857-1915) 前川堅市 (1902-1963)

「椿姫」(La Traviata, unknown) アレクサンドル・デュマ=フィス (Alexandre Dumas fils 1824-1895) 高橋邦太郎 (1898-1984)

「デュポン氏の三人娘」(Les trois filles de M. Dupont 1897) ウジェーヌ・ブリウ (Eugène Briex 1858-1932) 佐々木孝丸 (1898-1986)

 

『世界戯曲全集34  -仏蘭西篇4 / 仏蘭西近代劇集』1930

「手品師」 サシャ・ギトリイ (Sacha Guitry 1885-1957) 永井順 (1896-1971)

「ナポレオンといつたやうな男」 サシャ・ギトリイ (Sacha Guitry 1885-1957) 永井順 (1896-1971)

「盗人」アンリ・ベルンスタイン (Henri Bernstein) 永井順 (1896-1971)

「交換」(L'Échange 1901) ポール・クロオデル (Paul Claudel) 木村太郎訳

「恋の女」 ボルト・リッシュ (George de Porto-Riche 1849-1920) 三好達治 (1900-1964)

「シャントクレエル」(Chantecler 1910) エドモン・ロスタン (Edmond Rostand 1868-1918) 岡野馨 (1893-1941)

「オオレック公爵」 ヴィリエ・ド・リラダン (Auguste Villiers de l’Isle-Adam 1838-1889) 望月百合子 (1900-2001)

「キイン」 アレクサンドル・デュマ (Alexandre Dumas fils) 高橋邦太郎 (1898-1984)

「道化の声」 ジニュウ 高橋邦太郎 (1898-1984)

 

『世界戯曲全集35  -仏蘭西篇5 / 仏蘭西現代劇集』1928

「ミシェル・オオクレエル」(Michel Auclair 1922) シャルル・ヴィルドラック (Charles Vildrac 1882-1971) 神部孝訳

「郵船テナシチイ号」(Le Paquebot Tenacity 1920) シャルル・ヴィルドラック (Charles Vildrac 1882-1971) 高橋邦太郎 (1898-1984)

「夢を啖ふ者」 アンリ・ルネ・ルノルマン (Henri-René Lenormand 1882-1951) 羽川清次訳

「男と亡霊」 アンリ・ルネ・ルノルマン (Henri-René Lenormand 1882-1951) 羽川清次訳

「バダン君」(Monsieur Badin 1897) ジョルジュ・クウルトリイヌ (Georges Courteline 1858-1929) 高橋邦太郎 (1898-1984)

「生れた家」 ジャック・コポオ (Jacques Copeau 1879-1949) 高橋邦太郎 (1898-1984)

「休みの日」エミイル・マゾオ (Émile Louis Mazaud 1884-1970) 小山内薫 (1881-1920)

「狼」 ロマン・ロラン (Romain Rolland 1866-1844) 高橋邦太郎 (1898-1984)

「リリュリ」 ロマン・ロラン (Romain Rolland 1866-1844) 高橋邦太郎 (1898-1984)

「クノック」ジュウル・ロメン (Jules Romain Barni 1818-1878) 佐々木孝丸 (1898-1986)

「影を釣る人」ジャン・サルマン (Jean Sarment 1897-1976) 高橋邦太郎 (1898-1984)

「ハムレットの結婚」ジャン・サルマン (Jean Sarment 1897-1976) 前川堅市 (1902-1963)

「光」 ジョルジュ・デュアメル (Georges Duhamel 1884-1966) 尾崎喜八 (1892-1974)

 

『世界戯曲全集36  -白耳義・和蘭篇 / 白耳義・和蘭近代劇集』1928

「群盲」(Les Aveugles 1890) モーリス・メーテルリンク (Maurice Maeterlinck 1862-1949) 小山内薫 (1881-1920)

「タンタジイルの死」(La Mort de Tintagiles 1894) モーリス・メーテルリンク (Maurice Maeterlinck 1862-1949) 小山内薫 (1881-1920)

「アグラヴエヌとセリセット」(Aglavaine et Sélysette 1896) モーリス・メーテルリンク (Maurice Maeterlinck 1862-1949) 神絢一 (ジンケンイチ)

「モンナ・ヴァンナ」(Monna Vanna 1902) モーリス・メーテルリンク (Maurice Maeterlinck 1862-1949) 山内義雄 (1894-1973)

「青い鳥」(L'Oiseau bleu 1908) モーリス・メーテルリンク (Maurice Maeterlinck 1862-1949) 楠山正雄 (1884-1950)

「嗅ぎつける人々」 レルベルク 熊沢復六 (1899-1971)

「コキュー」(Cocu 1920) クロムランク (Fernand Crommelynck 1885-1970) 佐々木孝丸 (1898-1986)

「天佑丸」 ハイエルマンス (Herman Heijer-mans 1864-1924) 久保栄 (1900-1958)

「朝日商会」 ハイエルマンス (Herman Heijer-mans 1864-1924, Dutch) 中川竜一 (1902-1990)

 

『世界戯曲全集37  -伊太利篇1 / 伊太利古典近代劇集』1928

「扇」 カルロ・ゴルドオニ (Carlo Osvaldo Goldoni 1707-1793) 有島生馬 (1882-1974)

「宿屋の女将」(Mirandolina 1753) カルロ・ゴルドオニ (Carlo Osvaldo Goldoni 1707-1793) 佐藤雪夫 (1901-1931)

「トウランドット姫」(Tourandot 1762) ゴッチ (Count Carlo Gozzi 1720-1806) 高橋邦太郎 (1898-1984)

「サウール」(Saul) アルフィエーリ (Vittorio Alfieri 1749-1803) 有島生馬 (1882-1974)  

「アッティリオ・レゴロ」(Attilio Regolo) メタスタージオ (Pietro Metastasio 1693-1782) 佐藤雪夫 (1901-1931)

「将棋一勝負」(Una Partita a Scacchi 1873) ジャコオザ (Giuseppe Giacosa 1847-1906) 有島生馬 (1882-1974)

「カヴァッレリィア・ルスチカァナ」 ジョヴァンニ・ヴェルガ (Giovanni Verga) 佐藤雪夫 (1901-1931)

「ジヨコンダ」 ガブリエレ・ダンヌンツィオ (Gabriele d'Annunzio 1863-1938) 長谷川牧夫訳

「春曙夢」 ガブリエレ・ダンヌンツィオ (Gabriele d'Annunzio 1863-1938) 小山内薫 (1881-1920)

「秋夕夢」 ガブリエレ・ダンヌンツィオ (Gabriele d'Annunzio 1863-1938) 森鴎外 (1862-1922)

「ドン・ピエトロ・カルウソオ」 ブラッコオ 陶山密訳

 

『世界戯曲全集38  -伊太利篇2 / 伊太利現代劇集』1929

「仮面と顔」 キヤレルリ 岩崎純孝 (1901-1971)

「作者を探す六人の登場人場」(Sei personaggi in cerca d'autore 1921) ルイジ・ピランデルロ (Luigi Pirandello 1867-1936) 岩崎純孝 (1901-1971)

「ヘンリイ四世」(Enrico IV 1922) ルイジ・ピランデルロ (Luigi Pirandello 1867-1936) 佐藤雪夫 (1901-1931)

「みんな尤もだ」(Cosí é (se vi pare) 1918) ルイジ・ピランデルロ (Luigi Pirandello 1867-1936) 北村喜八 (1898-1970)

「莫迦」 ルイジ・ピランデルロ (Luigi Pirandello 1867-1936) 高橋邦太郎 (1898-1984)

「シチリアのしなの木の実」(Lumie di Sicilia 1920) ルイジ・ピランデルロ (Luigi Pirandello 1867-1936) 長谷川牧夫訳

「情熱のある人形芝居」 セコンド 長谷川牧夫訳

「バルドリア王」 マリネッテイ (Filippo Tommaso Marinetti) 佐藤雪夫 (1901-1931)

 

『世界戯曲全集39  -西班牙・猶太篇 / 西班牙・猶太劇集』1930

「サラメア村長」 ペドロ・カルデロン=デ=ラ=バールカ (Pedro Calderon de la Barca 1600-1681) 花野富蔵 (1900-1979)

「いばらの中の百合」 マルティネス・シエルラ (Gregorio Martinez Sierra 1881-1947) 花野富蔵 (1900-1979)

「ゆりかごのうた」(Canción de cuna 1911) マルティネス・シエルラ (Gregorio Martinez Sierra 1881-1947) 花野富蔵 (1900-1979)

「ファルファーン王の齲歯」 キンテーロ兄弟 (Hermanos Alarez Quintero 1871-1938) 花野富蔵 (1900-1979)

「晴れた朝」 キンテーロ兄弟 (Hermanos Alarez Quintero 1871-1938) 高橋邦太郎 (1898-1984)

「万物の霊長かね? ジュリオ・ダンタス (Julio Dantas) 花野富蔵 (1900-1979)

「仲継人夫が必要だ」 バチェコ 花野富蔵 (1900-1979)

「王子」 ハシント・ベナベンテ (Jacinto Benavente y Martinez 1866-1954) 花野富蔵 (1900-1979)

「モナ・リザの微笑」 ハシント・ベナベンテ (Jacinto Benavente y Martinez 1866-1954) 北村喜八 (1898-1970)

「秋の薔薇」(Rosas de otono 1905) ハシント・ベナベンテ (Jacinto Benavente y Martinez 1866-1954) 八住利雄 (1903-1991)

「宝」 ピンスキイ 清野暢一郎 (1896-1976)

「復讐の神」 アッシュ 清野暢一郎 (1896-1976)

「デイブツキ」(Dybbuk, Between Two Worlds 1914) エス・アンスキイ (S. Ansky 1863-1920) 中川竜一 (1902-1990)

 

『世界戯曲全集40  -印度・支那篇 / 印度・支那劇集』1928

「サクンタラー姫」(4-5 century) ヴィシャーカダッタ(Visâkhadatta 5th century) 島準人 (1893-1960)

「救はれしウルヴァシー」 カーリダーサ (Kalidasa 5th century) 島準人 (1893-1960)

「手遊車」(Mrcchakatika 4th century) シュードラカ (Śūdraka 4th century) 島準人 (1893-1960)

「ラークシャサの印」(Rāksasa’s Ring 宰相ラークシャサの印章 古典サンスクリット陰謀劇) ヴィサーカダッタ (Visâkhadatta 5th century) 島準人 (1893-1960)

「郵便局」 ラビンドラナート・タゴオル (Rabindranath Tagore 1861-1941) 小山内薫 (1881-1920)

「竇娥寃(とうがえん)」 関漢郷 (1297-1308) 宮原民平 (1884-1944)

「老生児」 武漢臣 宮原民平 (1884-1944)

「倩女離魂」 鄭光租 宮原民平 (1884-1944)

「琵琶記」 高明 宮原民平 (1884-1944)

「一匹の密蜂」 西林 柳田泉訳

印度劇註解、印度劇解説 (島準人 (1893-1960) )

支那劇解説 (宮原民平 (1884-1944))

 

『世界戯曲全集 別冊 -世界戯曲史』1931

「世界演劇・戯曲前史」 北村喜八 (1898-1970)

「世界演劇・戯曲各国史」 佐藤雪夫 (1901-1931)

inserted by FC2 system