The Dramatic Works of

 

Gerhart Hauptmann (1862-1946

 

(Year & City of First Performance)

Original Title

Type of Play

English Translation

(translated By…)

Japanese Translation

1885

Promethidenlos

 

 

『プロメテウスの運命』

(1889 Berlin)

Vor Sonnenaufgang                        

Social drama

Before Dawn (1912 By L. Lewisohn)

1913『日の出前』橋本青雨訳、1916『日の出前』村上静人訳

(1890 Berlin)

Das Friedensfest

Domestic drama in three acts

The Reconciliation (1910 By Roy Temple House)

1916『平和祭』村上静人訳

(1891 Berlin)

Einsame Menschen

Domestic drama

Lonely Lives (1898 By M. Morrison)

1911『寂しき人々』森鴎外訳、1916『寂しき人々』村上静人訳、1924『寂しい人々』楠山正雄訳

1892

Kollege Crampton

Domestic comedy in five acts

College Crampton (1894) (1914 By Roy Temple House)

『同僚クランプトン』(未訳?)

1892 (1893 Berlin)

Die Weber (Dialektfassung: De Waber)

Social drama of the forties

The Weavers (1899 By M. Morison)

1920『織匠』宮原晃一郎訳、1929『織工』久保栄訳

(1893 Berlin)

Der Biberpelz

Satirical social play

The Beaver Coat (1912 By L. Lewisohn)

1929『獺の外套』久保栄・和田顯太郎、『ビーバーの毛皮』

1893

(1893)

Hanneles Matterns Himmelfahrt

Symbolic play in two parts

Hannele, A Dream-poem (1894 By W. Archer), The Coming of Peace (1900 By J. Achurch & C. E. Wheeler), The Assumption of Hannele (1909 By G. S. Bryan) (1914 By C. H. Meltzer)

1913『ハンネレの昇天』小山内薫訳、1916『ハンネレの昇天』村上静人訳

(1896 Berlin)

Florian Geyer

 

Florian Geyer (1896)

1933『フローリアン・ガイエル』大間知篤三訳

1896 (1905 Berlin)

Elga

 

Elga (1917 By L. Lewisohn)

1910『僧坊夢』森鴎外訳、1912『房夢』森林太郎訳、『エルガ』

(1898 Berlin)

Die versunkene Glocke

A fairy play in five acts

The Sunken Bell (1899) (1911 By C. H. Meltzer)

1908『沈鐘』戸張竹風・泉鏡花訳、1914『沈鐘』村上静人訳

(1898 Berlin)

Fuhrmann Henschel

Naturalistic social drama in five acts

Drayman Henschel  (1913 By L. Lewisohn)

1913『ヘンシエル』小野秀雄訳、1914『馭者ヘンシエル:悲劇』秦豊吉訳

(1900 Berlin)

Schluck und Jau

Symbolic drama

Schluck and Jau (1915 By L. Lewisohn)

『シュルックとヤウ』

(1900 Berlin)

Michael Kramer

4-act domestic drama

Michael Kramer (1914 By L. Lewisohn)

『ミヒャエル・クラーマー』

(1901 Berlin)

Der rote Hahn

Social tragi-  comedy

The Conflagration (1912 By L. Lewisohn)

大災害?

(1902 Wien)

Der arme Heinrich

Legendary drama

Henry of Auë (1914 By L. Lewisohn)

1926『哀れなるハインリツヒ』小山内薫訳

1903

Rose Bernd

Social drama

Rose Bernd (1913 By L. Lewisohn)

1957『枯葉:ローゼ・ベルント』番匠谷英一訳

1906 (1912 Bad Lauchstedt)

Gabriel Schillings Flucht

Drama in prose

Gabriel Schilling's Flight (1915 By L. Lewisohn)

『ガブリエル・シリングの逃走』(未訳?)

(1906 Berlin)

Und Pippa tanzt!

Mystical play of the glass works in four acts

And Pippa Dances (1907 By M. Harned) (1915 By S. T. Barrows)

1925『ピッパが踊る 硝子工場物語』小山内薫訳

1907 (1908 Berlin)

Die Jungfern von Bischofsberg

Drama in prose

The Maidens of the Mount (1915 By L. Lewisohn)

『ビショッフスベルクの乙女たち』(未訳?)

1908

Kaiser Karls Geisel

Legendary drama

Geisel Charlemagne's Hostage, Charlemagne Hostage (1915 By L. Lewisohn)

『皇帝カールの人質』(未訳?

 

1908 (1909 Berlin)

Griselda

Prose drama in ten scenes

Griselda (1915 By L. Lewisohn)

『グリゼルダ』

1910 (1921 Berlin)

Peter Brauer

Tragicomedy

Peter Brauer

 

1910 (1911 Berlin)

Die Ratten

Five-act social play

The Rats (1913 By L. Lewisohn)

1929『鼠』池谷信三郎訳

1912 (1914 Berlin)

Der Bogen des Odysseus

 

The Bow of Odysseus  (1917 By L. Lewisohn)

『オデュッセウスの弓』

(1913 Breslau)

Festspiel in deutschen Reimen

 

Commemoration Masque (1917 By B. Q. Morgan)

『ドイツ韻律による祝典劇』

1914 (1920 Berlin)

Der weiße Heiland

Drama of fantasy

 

『白き救世主』

1917

Winterballade

Dramatic poetry

 

 

1919 (1922 Dresden)

Indipohdi

Historic drama

 

『インディポーディ』

1921

Anna

 

Anna

 

1923 (1925 Hamburg)

Veland

Tragedy

 

 

 

(1925  München)

Festaktus zur Eröffnung des Deutschen Museums

 

 

 

1925 (1926 Wien)

Dorothea Angermann

Play

 

『ドロテア・アンゲルマン』

 

1925

Die Insel der großen Mutter oder Das Wunder von Île des Dames

 

 

 

1927

Till Eulenspiegel Abenteuer

 

 

『ティル・オイレンシュピーゲル』

1928

Wanda

 

 

 

(1929 Wien)

Vor Sonnenuntrgang

Play

 

『日没前』

1930

Die Spitzhacke

 

 

 

(1933 München)

Die goldene Harfe

Play

 

 

(1935 Leipzig)

Hamlet im Wittenberg

Dramatic poetry

Hamlet in Wittenberg

 

1937

Das Abenteuer meiner Jugend (Autobiographie)

 

 

 

『わが青春の冒険』

 

(1939 Berlin)

Ulrich von Lichtenstein

Comedy

 

 

(1939 Wien)

Die Tochter der Kathedrale

Dramatic poetry

 

 

1939

Ährenlese

 

 

『落穂ひろい』

1940 (1941 Berlin)

Iphigenie in Delphi

Tragedy

(no translation?)

『デルフォイのイフィゲーニエ』

1941

Das Märchen

 

 

 

1942

Magnus Garbe

1st version 1914

(no translation?)

 

(1943 Wien)

Iphigenie in Aulis

Tragedy

(no translation?)

『アウリスのイフィゲーニエ』

1946

Neue Gedichte

 

 

 

1947

Mignon (posthum)

 

Mignon

『ミニヨン』

(1947 Berlin)

Agamemnons Tod (posthum)

Tragedy, written in 1942

(no translation?)

 

(1947 Berlin)

Elektra (posthum)

Tragedy, written in 1944

 

 

 

(参照)The Dramatic Works of Gerhart Hauptmann by Gerhart Hauptmann edited by Ludwig Lewisohn

http://onlinebooks.library.upenn.edu/webbin/metabook?id=hauptmanndrama

 

インターネット上にあった、日本大百科全書(ニッポニカ)の「ハウプトマン」(岩淵達治)解説がとてもすばらしいので、ここに借用させていただきます。

 

ドイツの劇作家。1115日、シュレージエン(現ポーランド領シロンスク)のオーバーザルツブルンに生まれる。兄のカール・ハウプトマンも作家。ブレスラウ(ブロツワフ)の美術学校やイエナ大学に学び、イタリアを旅したのちベルリン郊外に住み、自然主義文学運動に参加、1889年、ブラームの自由劇場で初演された『日の出前』によって一躍自然主義の代表的作家となった。環境や遺伝の要因を重視し、退廃したブルジョア家庭を描く『平和祭』(1890)、因襲を逃れられぬ知識人を描いた『寂しき人々』(1891)、芸術家を扱う喜劇『同僚クランプトン』(1892)などを次々と発表したが、『織工(おりこ)』(1892)は、悲惨な貧民の暴動を同情をもって描いた最初の社会環境劇である。初演のころは不評だった喜劇『ビーバーの外套』(1893、続編『放火』)は現代でも生命を保っている。『ハンネレの昇天』(1893)は、自然主義とは違った象徴的、ロマン的要素が先取りされているが、メルヘン的な『沈鐘』(1896)以後は、『そしてピッパは踊る』(1906)など一連の象徴的作品が書かれている。『沈鐘』を境に作風が一変したわけではない。『沈鐘』と同じころ、自然主義的な『運送屋ヘンシェル』――自然主義小説『踏切番ティール』(1888)と骨子は同じ――やドイツ史劇『フローリアン・ガイアー』が書かれている。日本で好まれる象徴劇よりも、環境描写のなかに的確な時代相をとらえた写実的な作品、芸術家劇『ミヒアエル・クラーマー』(1900)、嬰児殺しの『ローゼ・ベルント』(1903)、ベルリンの悲喜劇『ねずみ』(1911)などが、現在の評価は高い。

 1907年ギリシアに旅し、古代のなかに残酷で異教的な要素を発見したハウプトマンは、紀行文『ギリシアの春』(1908)や戯曲『オデュソイスの弓』(1914)を書いている。小説『キリスト狂エマヌエル・クイント』(1910)や『ゾアーナの異教徒』(1918)には、この作者独自の宗教観やエロス観が現れる。12年にノーベル文学賞を受賞、しだいに大作家の風貌を帯び、古典的な韻文作品を書くようになる。『冬物語』(1917)、スペインの南米征服をテーマにした『インディポーディ』(1922)、『白き救世主』(1920)、叙事詩『ティル・オイレンシュピーゲル』などである。しかし第一次世界大戦後の世相を背景にした『ヘルベルト・エンゲルマン』(1926)や、老いらくの恋を扱う『日没前』(1932)では、写実的、心理的な作風に戻っている。告白小説『情熱の書』(1930)は、2人の女性に挟まれて悩む男性という彼好みのテーマの個人的体験を裏づける(1885年、豪商の娘マリーと結婚、マルガレーテとの恋愛事件は夫婦間の危機をもたらし、1904年マリーと離婚、マルガレーテと正式に結婚した)。政権を獲得したナチスに老大家として利用された彼は、ドイツの破滅を身をもって体験することになる。第二次世界大戦中に執筆された大作『アトレウス四部作』(194148)は、ギリシア世界に託してドイツの破局と、ヒューマンな世界の崩壊が描かれている。戦後の鎮魂曲である一幕劇『闇』を残し、ソ連軍占領下のアグネーテンドルフで、194666日に没した。

 あらゆるジャンルにおいて、さまざまな様式の多くの作品を残したハウプトマンは、初期には自然科学的な決定論、のちには宿命的な運命論に傾くようになったが、結局は運命に滅ぼされてゆく人間の苦悩を同情をもって描いた詩人であり、したがって社会批判には限界があった。戯曲で演目に残っているのは、リアルな環境描写において技巧的に完成度の高い作品である。[岩淵達治]

inserted by FC2 system